2017年4月 5日 (水)

いせき cafe 35 虎塚古墳

平成29年3月30日にひたちなか市にある虎塚古墳を訪れました。
虎塚古墳の石室は、明日香村にあるキトラ古墳と高松塚古墳と
同じ凝灰岩で構成されていますが、壁画の内容はまったく違い
ます。キトラ古墳と高松塚古墳の石室には色彩豊かな天文図や
四神などが残っているのに対して、虎塚古墳の石室には環状文
や三角文のような抽象的な模様がベンガラで描かれています。
石室は解体されておらず、古墳の中にしゃがんで見学をする
ところもまた印象深いです。
 
 
authored by エマニュエル・マレス(奈良文化財研究所)

1

虎塚古墳の全景

2

虎塚古墳の石室内の写真と平面図(石室内は撮影禁止)

2017年3月29日 (水)

いせき cafe 34 箕輪城跡

平成29年3月26日、群馬県高崎市にある国指定史跡箕輪城跡を
訪れました。指定面積は城域約36haのうちの約19ha。戦国時代の
城で井伊直政の居城であったが、高崎城を築城して廃城となった。
昨年11月、郭馬出西虎口門(かくうまだしにしこぐちもん)が復元さ
れた。
 
私事で恐縮であるが、文化庁での文化財調査官の時に復元に伴う
現状変更申請に先立っての復元建物の検討委員会(「史跡等に
おける歴史的建造物等の復元の取扱いに関する専門委員会」)で
この建物の復元について諮問したため、思いのある建物でした。
城跡の西側、大手側から大堀切の中を登って行ったが、説明して
いた通り途中で建物が見えて、「実現したな」と感動した。
 
ボランティアの解説員の方によると、来訪者は百名城ということで
全国各地から多いが、建物復元後は地元の方が多くなったという。
地元でも遺跡が再認識され、一層活躍されればと思います。
 
 
authored by 内田 和伸(奈良文化財研究所)
 
 
Dsc08174
 
大堀切から見た郭馬出西虎口門(西から)

Dsc08192

郭馬出西虎口門(内側から)

いせき cafe 33 キトラ古墳での乾拓について 2

平成29年3月20日、奈良文化財研究所と国営飛鳥歴史公園の共催で
キトラ古墳の遺跡見学&乾拓体験会(第2回目)を実施しました。春分
の日ということで暖かく、現地見学には恵まれた天候でした。

乾拓では天文図は大きい(90cm×80cm)のですが、数名の方が挑戦
されました。参加されたの皆さんは思い思いの落款印を押されました。
 
 
authored by 内田 和伸(奈良文化財研究所)
 
Dscf2981

写真後方の円丘がキトラ古墳(西から)

Dscf2979

天文図乾拓の様子

いせき cafe 32 河越館跡

平成29年3月19日、埼玉県川越市の河越館跡を訪れました。河越館跡は
平安時代から南北朝時代にかけての関東武士河越氏の館跡。入間川に
面する位置にある。国指定史跡で指定面積は約4.8ha。土塁も一部で高く
残っている。近年の第一期整備で堀跡などの遺構表示や便益施設の
設置を終えている。
史跡内の一画には常楽寺という楼門のある立派なお寺があり、これは
河越氏の持仏堂が起源と言われ、河越氏衰退後に寺域を広げたと考え
られている。遺跡に立地する寺社はその立地に意味がある場合が少な
くないと思われる。
 
authored by 内田 和伸(奈良文化財研究所)


Dsc07979
 
標柱の背後にある東西、南北に広がる土塁(西から)
 
Dsc07982

史跡内の常楽寺(南西から)

2017年3月 7日 (火)

委託業務先変更のご連絡

委託業務先変更のご連絡
 
 
 平成29年3月1日から大学生協支援センターが業務終了の為、
(株)毎日学術フォーラムに業務の委託先が変更されました。
それに伴い、会員の皆様からの入退会・異動・年会費などの
会員管理に関するお問合せ先が変わります。
 
 新年度にあたり、住所・所属先等変更された方は、変更届に
変更事項をご記入の上、下記宛先まで、FAX・郵送又はEmail
にてご連絡ください。
 
尚、変更届様式は、『遺跡学研究』第13号p.199、または、学会
ブログ入会案内からダウンロードできます。
 
 
 
(株)毎日学術フォーラム内 日本遺跡学会会員係
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋 1-1-1
         パレスサイドビル9F (株)毎日学術フォーラム内
TEL:03-6267-4550  
FAX:03-6267-4555
E-mail:maf-iseki[atマーク]mynavi.jp

«[会員からの情報]甲府城シンポジウム「野面積み石垣サミット 近世城郭以前の野面積み石垣と比較する」