« 2017年11月 | トップページ

2018年1月

2018年1月 4日 (木)

『遺跡学研究』第14号を刊行しました

日本遺跡学会学会誌『遺跡学研究』第14号を刊行いたしました。
会員外の皆様で頒布ご希望の方は、日本遺跡学会へ直接お問い合わせください。
また、六一書房北九州中国書店においても取り扱い予定です。
=============
『遺跡学研究』第14号
2017年11月20日発行
<グラビア>
平成28年度日本遺跡学会高槻大会(高槻市、平成28年11月20日) 日本遺跡学会事務局
点在する荘園遺跡 史跡日根荘遺跡 前川 歩
<特集1 古墳と現代とのつながり>
(趣旨)  林 正憲
(会長挨拶)  増渕 徹
(共催者挨拶) 濱田 剛史
□基調講演
今城塚古墳の1500年 森田 克行
□事例報告
はにコットへようこそ  牧 梨恵
□研究報告
古墳時代の心と社会-前方後円墳の認知考古学- 松木 武彦
古墳と地域社会の近現代史  松田 陽
□討論記録
古墳と現代とのつながり 司会:菱田 哲郎
<特集2 点在する史跡>
(趣旨) 前川  歩
点在する史跡-遺跡群から歴史を捉える視点-  坂井 秀弥
群をいかに見せるか-史跡古墳群を中心に-  一瀬 和夫
骨寺村荘園遺跡における史跡と文化的景観  菅原 孝明
弥勒寺官衙遺跡群の整備  田中 弘志
史跡田儀櫻井家たたら製鉄遺跡の整備・活用とゾーン展開  幡中 光輔
佐渡金銀山遺跡における広域整備  宇佐美 亮
点在する特別史跡 名護屋城跡並びに陣跡  松尾 法博
<特集3 近代社会と石切場>
(趣旨) 高田 祐一
札幌軟石の採掘・利用とその石切場の歴史 長沼 孝
稲田花崗岩地域における採石産業の成立について 乾 睦子
生きられた素材としての大谷石 産業・建築・地域における歴史と現在 安森 亮雄
大阪府大東市龍間の近代石材業  黒田 淳
明治・大正・昭和期の小豆島石の動向―皇居造営事業とその後―  高田 祐一
天草下浦石の歴史と海を介した流通  中山 圭
<研究ノート>
遺跡の整備計画に関する計画論的考察 小林 敬一
<碩学に学ぶ>
遺跡と建築史 鈴木 嘉吉
関東地方の埋蔵文化財保護50年の歴史
森田 秀策・吉川 國男・高橋 一夫・西野 元
<遺跡の現場から>
「史跡 纒向遺跡・史跡 纒向古墳群」の保存活用計画について 中屋 菜緒
東日本大震災と原子力発電所事故にかかる資料保全と活用
―福島県富岡町歴史・文化等保存プロジェクトチームの活動と震災遺産― 三瓶 秀文
<学界・行政情報>
熊本地震による文化財被害と復旧の取組みについて 村﨑 孝宏
『埋蔵文化財保護行政におけるデジタル技術の導入について2』 近江 俊秀
平成28年度の史跡等の整備について 五島 昌也・中井 將胤・赤松 佳奈
提言「持続的な文化財保護のために -特に埋蔵文化財における喫緊の課題-」
<研究余録>
昭和・庭園史研究の血潮  高橋 知奈津

« 2017年11月 | トップページ