刊行物

2018年1月 4日 (木)

『遺跡学研究』第14号を刊行しました

日本遺跡学会学会誌『遺跡学研究』第14号を刊行いたしました。
会員外の皆様で頒布ご希望の方は、日本遺跡学会へ直接お問い合わせください。
また、六一書房北九州中国書店においても取り扱い予定です。
=============
『遺跡学研究』第14号
2017年11月20日発行
<グラビア>
平成28年度日本遺跡学会高槻大会(高槻市、平成28年11月20日) 日本遺跡学会事務局
点在する荘園遺跡 史跡日根荘遺跡 前川 歩
<特集1 古墳と現代とのつながり>
(趣旨)  林 正憲
(会長挨拶)  増渕 徹
(共催者挨拶) 濱田 剛史
□基調講演
今城塚古墳の1500年 森田 克行
□事例報告
はにコットへようこそ  牧 梨恵
□研究報告
古墳時代の心と社会-前方後円墳の認知考古学- 松木 武彦
古墳と地域社会の近現代史  松田 陽
□討論記録
古墳と現代とのつながり 司会:菱田 哲郎
<特集2 点在する史跡>
(趣旨) 前川  歩
点在する史跡-遺跡群から歴史を捉える視点-  坂井 秀弥
群をいかに見せるか-史跡古墳群を中心に-  一瀬 和夫
骨寺村荘園遺跡における史跡と文化的景観  菅原 孝明
弥勒寺官衙遺跡群の整備  田中 弘志
史跡田儀櫻井家たたら製鉄遺跡の整備・活用とゾーン展開  幡中 光輔
佐渡金銀山遺跡における広域整備  宇佐美 亮
点在する特別史跡 名護屋城跡並びに陣跡  松尾 法博
<特集3 近代社会と石切場>
(趣旨) 高田 祐一
札幌軟石の採掘・利用とその石切場の歴史 長沼 孝
稲田花崗岩地域における採石産業の成立について 乾 睦子
生きられた素材としての大谷石 産業・建築・地域における歴史と現在 安森 亮雄
大阪府大東市龍間の近代石材業  黒田 淳
明治・大正・昭和期の小豆島石の動向―皇居造営事業とその後―  高田 祐一
天草下浦石の歴史と海を介した流通  中山 圭
<研究ノート>
遺跡の整備計画に関する計画論的考察 小林 敬一
<碩学に学ぶ>
遺跡と建築史 鈴木 嘉吉
関東地方の埋蔵文化財保護50年の歴史
森田 秀策・吉川 國男・高橋 一夫・西野 元
<遺跡の現場から>
「史跡 纒向遺跡・史跡 纒向古墳群」の保存活用計画について 中屋 菜緒
東日本大震災と原子力発電所事故にかかる資料保全と活用
―福島県富岡町歴史・文化等保存プロジェクトチームの活動と震災遺産― 三瓶 秀文
<学界・行政情報>
熊本地震による文化財被害と復旧の取組みについて 村﨑 孝宏
『埋蔵文化財保護行政におけるデジタル技術の導入について2』 近江 俊秀
平成28年度の史跡等の整備について 五島 昌也・中井 將胤・赤松 佳奈
提言「持続的な文化財保護のために -特に埋蔵文化財における喫緊の課題-」
<研究余録>
昭和・庭園史研究の血潮  高橋 知奈津

2017年10月17日 (火)

日本遺跡学会会報第28号(2017年9月30日)

日本遺跡学会会報第28号

2017年9月30日発行

最新号につき非公開

=====

p.1 2017年度日本遺跡学会第1回運営委員会報告 

p.2~3 「文化審議会文化財分科会企画調査会 中間まとめ」のパブリックコメント募集に対し、日本遺跡学会から意見を提出 

p.4 寄稿 遺跡と私⑩ 歩んできた道(小野 健吉)

p.5 寄稿 遺跡と私⑪ 小岩、市川、そして奈良(加藤 真二)

p.6 2017年度大会のお知らせ

    会員情報

    刊行物の販売について

    編集後記

日本遺跡学会会報第27号(2017年3月31日)

日本遺跡学会会報第27号

2017年3月31日発行

PDF

=====

p.1~3 2016年度大会報告 

p.4 寄稿 遺跡と私⑧ 体験学習をきっかけにして、遺跡の存在を小学生に教えていたます(西田 健彦)

p.5 寄稿 遺跡と私⑨ 大学と行政の連携による人材教育(坂井 秀弥)

p.6 投稿論文集の募集

    会員情報

    学会誌の販売について

    編集後記

2016年11月21日 (月)

『遺跡学研究』第13号を刊行しました

日本遺跡学会学会誌『遺跡学研究』第13号を刊行いたしました。
13_3

 今号では、昨年度の沖縄大会「グスク石垣等の復元整備と課題」の報告(特集1)、文化財における耐震技術のありかたを論じた「文化遺産と耐震」(特集2)、全国各地の近世、近代を中心とした石切場の状況と石材の流通過程を論じた「近世・近代の石切場と石材流通」(特集3)の3つの特集を掲載しています。

 さらに今号から、文化財保護の先達への聞き取りをまとめた『遺跡学の宇宙』の続編「碩学に学ぶ」を掲載しています。今回は戦後沖縄の文化財保護をすすめたお二方への聞き取りの記録となります。

 それ以外にも、研究ノート(1本)、遺跡の現場(6本)、学界・行政情報(2本)を含む盛りだくさんの内容となっております。

 
会員の皆様には、近日中にお届けできる予定です。
 
会員外の皆様で頒布ご希望の方は、日本遺跡学会へ直接お問い合わせください。
また、六一書房北九州中国書店においても取り扱い予定です。
=============
 
『遺跡学研究』第13号
2016年11月17日刊行
213頁
 
<グラビア>
平成27年度日本遺跡学会大会
熊本地震による熊本城の被害   中村 俊介
 
<追悼>
日本考古学界の巨星 坪井清足先生を偲んで   石井 則孝
 
<特集1 グスク石垣等の復元整備と課題>
(趣旨) 盛本  勲
(会長挨拶) 増渕  徹
(共催者挨拶) 當眞 嗣一
□基調講演
沖縄におけるグスク石垣等の復元整備と課題   當眞 嗣一
□研究報告
石造拱門の事例調査とその構造   高良 倉行
沖縄本島及びその周辺離島における石積みグスクの特徴    山本 正昭
グスク等の石垣にみる(仮称)力石 -浦添ようどれの石積み整備事例から-    下地 安広
□事例報告
今帰仁城跡の石垣整備の特徴と課題    與那嶺 俊
勝連城跡の整備における現状と課題    横尾 昌樹
中城城跡の石垣整備と課題    新城 卓也・渡久地 真
□討論記録
グスク石垣等の復元整備と課題   進行:上原 靜
 
<特集2 文化遺産と耐震>
(趣旨) 前川 歩
なぜ建造物では文化財の破壊を伴う耐震補強を推し進めるのか    冨永 善啓
城郭の石垣修理における補強のあり方    北野 博司
歴史的地盤構造物の地震時挙動への数値解析手法の適用    西形 達明
伝統的建造物群における耐震    横内 基
昭和初期の建造物修理からみる文化財における構造工学の受容過程    前川 歩
 
<特集3 近世・近代の石切場と石材流通>
(趣旨) 高田 祐一
石川県小松市域の凝灰岩石切場    樫田 誠
近代洋風建築に使用された石材「白丁場石」の歴史    丹治 雄一
「和泉石」をキーワードとした文化財保護の取組について    三好 義三
尾浦石の採石・加工と石屋たちの経営戦略    岩崎 仁志
香川県豊島石石造文化の歴史と地域社会    松田 朝由
沖縄における「粟石」の石切場と石切技術    安斎 英介
 
<研究ノート>
文化遺産マネジメントへの住民参加に関する一考察―モンゴル国ハラホリン郡の事例から   清水奈都紀
 
<碩学に学ぶ>
戦後沖縄の文化財保護    知念  勇・當眞 嗣一
 
<遺跡の現場から>
熊本地震における文化財被害~主に熊本城被災についての速報    中村 俊介
被災した文化財から文化財保護の原点を考える    吉永 浩二
特別史跡キトラ古墳の整備 ―乾拓板の設置と活用について―    内田 和伸
『竹田城跡保存活用計画』の策定 ―文化財を守り伝える視点の明確化―    柏原 正民
大館市片貝家ノ下遺跡の確認調査 -火山泥流堆積物に埋もれた平安時代の集落-    村上 義直
甦る屋嶋城    渡邊 誠
 
<学界・行政情報>
全国遺跡報告総覧の進捗状況    高田 祐一
平成27年度の史跡等の整備について    五島 昌也・中井 將胤・當山 まゆ
 
<研究余録>
京の、京のお地蔵さんは… 山口  博

2016年10月17日 (月)

日本遺跡学会会報第26号(2016年9月30日 )

日本遺跡学会会報第26号

2016年9月30日発行

PDF

=====

p.1 2016年度日本遺跡学会第1回運営委員会報告 

p.2 寄稿 遺跡と私⑥ 文化財と文化遺産、市民遺産(城戸 康利)

p.3 寄稿 遺跡と私⑦ 遺跡と保存科学(高妻 洋成)

p.4 2016年度大会のお知らせ

    会員情報

    学会誌の販売について

    編集後記

2016年4月12日 (火)

日本遺跡学会会報第25号(2016年3月31日 )

日本遺跡学会会報第25号

2016年3月31日発行

PDF

=====

p.1〜3 日本遺跡学会2015年度大会報告  

p.4 新着情報 京都府京都市 World Archaeological Congress 第8回京都大会

                    この夏、世界の考古学者が京都に!(岡村 勝行)

p.5 寄稿 遺跡と私⑤ 地域社会のなかの縄文文化(阿部 千春)

p.6 投稿論文等の募集について

  学会誌の販売について

  『遺跡学の宇宙』の販売について

  会員情報

  編集後記

2015年12月22日 (火)

『遺跡学研究』在庫情報(第4号残部僅少)

学会刊行物『遺跡学研究』および『遺跡学の宇宙』につきまして、多くの皆様からご注文・ご購入いただいており、ありがとうございます。

さて、2007年に刊行いたしました『遺跡学研究』第4号ですが、残部僅少となりました。
在庫なくなり次第、頒布終了となります。

第4号では以下の2つの特集を組んでおります。

特集1 遺跡整備における植生環境の復元
特集2 中世城館遺跡の調査と保存

*一般頒布価格 3200円(送料80円)
会員頒布価格 2500円(送料込)

とくに中世城館遺跡の調査及び整備等に携わるみなさまからご好評を頂いているようです。

目次の詳細は下記のページをご覧ください。

http://iseki-g.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/2007-6093.html

お早めのお申し込みをいただければ幸いです。

お申込方法はこちら↓↓↓
http://iseki-g.cocolog-nifty.com/blog/publication.html




2015年11月10日 (火)

『遺跡学研究』第12号を刊行しました

12__4 日本遺跡学会学会誌『遺跡学研究』第12号を刊行いたしました。

 
今号では、昨年度の東京大会「遺跡は何を伝え続けられるか−貝塚からの情報−」の報告(特集1)、全国各地の石切場調査の状況や石切場が地域社会とどのように結びついているかを論じた「石切場と地域社会−生業・技術・景観−」(特集2)、さらに地域に根ざした文化資源の価値と活用の可能性について論じた「「等身大の文化資源」の広がり」の3つの特集を掲載しています。
さらに、今号から遺跡に関連する旬なキーワードを議論する座談会の記録した新コーナーとして「遺跡学のキーワード」が立ち上がりました。その第1回目は「オーセンティシティ−」。「真正性」も訳されるそのことばが遺跡学のなかでどのように考えられるのか。3人のゲストを招いた座談会の記録です。
それ以外にも、研究ノート(2本)、遺跡の現場(4本)、学界・行政情報(5本)を含む盛りだくさんの内容となっております。
 
会員の皆様には、近日中にお届けできる予定です。
 
会員外の皆様で頒布ご希望の方は、日本遺跡学会へ直接お問い合わせください。
また、六一書房 、北九州中国書店においても取り扱い予定です。
=============
『遺跡学研究』第12号
2015年11月10日刊行
213頁

<グラビア>
平成26年度日本遺跡学会大会 
小豆島東海岸の石切場跡      高田 祐一

特集1 遺跡は何を伝え続けられるか−貝塚からの情報−
(趣旨)      西田 健彦
<基調講演>
震災復興と埋蔵文化財調査 −発掘調査と地域づくり・ひとづくり−      禰冝田佳男
貝塚から学ぶ現代生活 −貝塚の重要性−      岡村 道雄
<事例報告>
貝塚に残された災害の痕跡 −里浜貝塚と室浜貝塚の調査−      菅原 弘樹
加曽利貝塚      村田六郎太
大森貝塚      中野 光将
史跡中里貝塚      中島 広顕
<討論記録>
現代生活と貝塚

特集2 石切場と地域社会−生業・技術・景観−
(趣旨)      高田 祐一
山形県高畠町における伝統的石切り技術と石材利用      北野 博司
千葉県富津市「房州石」
      宮里  学・西海 真紀・冨田和気夫・西田 郁乃・鈴木 裕士
兵庫県東六甲における近世「御影石」石材業の変遷      高田 祐一
島根県来待石の石切場と生産・流通の歴史      西尾 克己
香川県小豆島の石切丁場と石の文化      福家  恭
佐賀県嬉野市「塩田石」      市川 浩文・長﨑  浩

特集3 「等身大の文化資源」の広がり
(趣旨)      菊地 淑人
老舗における伝統の活用 −町並み保存と伝統の資源化−      塚原 伸治
学校所蔵資料の継承と活用への取り組み −京都における調査を題材として−      村野 正景
パブリック・アーケオロジーによる復興支援      五十嵐聡江・齋藤友里恵
文化資源を活かしたまちづくりに向けたひとはくの地域支援の取り組み      大平 和弘

<研究ノート>
台湾の「文化景觀」にみる空間・法・社会      波多野 想・平澤  毅
旧・陸軍砲兵工廠内射撃用隧道の平和教育利用について      加藤 元信・加藤 寛子

<遺跡学のキーワード>
オーセンティシティ

<遺跡の現場から>
むかわ町ニサナイチャシ跡の発掘調査について      田代 雄介
安満遺跡における発掘調査と今後の整備について      内田 真雄
台場・砲台の調査と活用      小川 弦太
宮崎市生目古墳群の概要 -周縁域の個性豊かな古墳群-      石村 友規

<学界・行政情報>
「全国遺跡報告総覧」の公開 −発掘調査報告書の可視性向上−      高田 祐一
宮城県における東日本大震災の復興事業に伴う埋蔵文化財発掘調査の現状と課題      天野 順陽
『適正な埋蔵文化財行政を担う体制等の構築について』(報告)      近江 俊秀
『石垣整備のてびき』について      市原富士夫
平成26年度の史跡等の整備について      五島 昌也・中井 將胤・福沢 佳典

<研究余録>
平城宮東院庭園での活用プログラム「庭の宴」      内田 和伸
夢、嵐の後に      山口  博
地域産業の大変革を経験した遺跡      菊地 淑人
=============

2015年10月16日 (金)

遺跡学研究第12号予約受付中!![2015.11.10刊行]

Flyer12

目次はこちら PDF

2015年9月29日 (火)

日本遺跡学会会報第24号(2015年10月1日)

日本遺跡学会会報第24号

2015年10月1日発行

PDF

=====

p.1 2015年度日本遺跡学会第1回運営委員会報告  

p.2 寄稿 遺跡と私③ 遺跡発掘20年(江浦 洋)

p.3 寄稿 遺跡と私④ 古墳ブームに想う(山中 鹿次)

 2015年度大会のお知らせ

 会員情報

学会誌の販売について

 編集後記

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー